木材

人工木材でできたウッドデッキならお子さんも安心して利用できる

木のベンチと犬

自宅にウッドデッキを設置したい、既にウッドデッキが設置済みという場合、小さなお子さんが遊びまわることが心配になるのではないでしょうか。特にハイハイ歩きする赤ちゃんがいる場合、ウッドデッキに塗布される塗料が問題になります。特に新品の場合は残留化学物質も多く、何でも口に入れたり舐めたりする赤ちゃんがいる場合、外で遊ばせることを躊躇してしまいます。そこで、専門業者へ依頼して人工木材のものを選びましょう。
人工木材は天然木材の端材や廃材を粉砕チップ化したものと、プラスチック樹脂を混合したもので圧縮して成形されています。着色はプラスチック樹脂で行うため、天然木材のように塗料に含まれる有機溶剤や化学物質は使われていません。雨上がりでも人工木材なら表面に有害物質が染み出ることもなく。小さなお子さんを安心して遊ばせることができます。さらに天然木材のようにフシや割れ、ささくれなどもなく小さなお子さんがケガをすることもありません。以前までの人工木材は直射日光で表面が高温になるなどの問題があったものの、熱を溜め難い構造やプラスチック樹脂を使用し、高温になり難いようにもなっています。また、小さなお子さんが飲み物をこぼしても人工木材なら水で簡単に洗い流すこともでき、クレヨンやマジックで落書きした際でもメンテナンスを手軽に行うことができます。さらに既存のウッドデッキで人工木材へ入れ替えることもできます。

ウッドデッキは家にも懐にも優しい人工木材で考えてみませんか

ガーデニング

ウッドデッキの設置を考えている方にお勧めしたいのは、人工木材で作ったウッドデッキを選択することです。天然木材は人工では現しきれない触り心地や、自然な色彩から、初めてウッドデッキを購入する方の多くが選ぶ素材です。しかし、一方で天然木材によるデメリットはあまり多く知られていません。天然であるからこそ、腐食やささくれなどが起こってしまう為、定期的なメンテナンスが必要になってしまいます。メンテナンスが重なり、いつの間にか大きな出費になってしまった、ということが無いように、人工木材でのウッドデッキをお勧めしたいのです。人工と聞くとプラスチックの簡素な質感をイ…