木材

フラットなウッドデッキには人工木材を選ぼう

白木のウッドデッキ

ウッドデッキは表面の段差がなくフラットなものを選びたいと考えていませんか。段差がないウッドデッキなら小さなお子さんが走り回ってもつまずいたり、転倒したりすることがありません。また、公共施設や介護施設などでは車椅子での移動に苦労することがありません。また、料理や飲み物を運ぶキャスター付きのワゴンも安心して使用することもできます。天然木材の場合は反りが発生しやすく、季節や経年劣化で寸法が変化することもあります。そこで人工木材を選ぶのがおすすめです。
人工木材は破砕処理した天然木材とプラスチック樹脂を混ぜ工場で大量生産しています。天然木材に比べ反りが発生し難く、寸法精度が安定しています。内部に金属フレーム構造を持つ人工木材もあり、天然木材のように厚さで浮き上がったり、乾燥で縮んだりする心配がなく、ウッドデッキも段差なく仕上がります。専門業者へ依頼することで人工木材でウッドデッキを新設できるだけでなく、既存のものを部分的に人工木材に入れ替えることもできます。人工木材のウッドデッキならこれまで段差があって、子供を元気に遊ばせることができない、車椅子では出入りができない、料理や飲み物をワゴンで転倒落下させるといったこともなくなります。また、人工木材なら耐久性にも優れ、天然木材のように交換から2~3年で大規模改修が生じるといったこともなく、維持コストを抑えることもできます。

ウッドデッキは家にも懐にも優しい人工木材で考えてみませんか

ガーデニング

ウッドデッキの設置を考えている方にお勧めしたいのは、人工木材で作ったウッドデッキを選択することです。天然木材は人工では現しきれない触り心地や、自然な色彩から、初めてウッドデッキを購入する方の多くが選ぶ素材です。しかし、一方で天然木材によるデメリットはあまり多く知られていません。天然であるからこそ、腐食やささくれなどが起こってしまう為、定期的なメンテナンスが必要になってしまいます。メンテナンスが重なり、いつの間にか大きな出費になってしまった、ということが無いように、人工木材でのウッドデッキをお勧めしたいのです。人工と聞くとプラスチックの簡素な質感をイ…